NAshop ら行
憲法学
プープル
HP盗作グループから
家族に危害を加えると脅されています!!
皆さん助けて!!
N A K A S E
Home Top


立憲主義)     

(レイシオデシデンダイratio decidendi)
レイシオデシデンダイは、単に裁判官の先例拘束性であるが、これを数値化することにより、人権の担保を行う。
レイシオデシデンダイは、裁判官に先例拘束させる事により人権侵害を防ぐ役割を担っている。歴史的(歴史的と言ってもつい最近の日本の話し)、ハト派の裁判官が研究に研究を重ね90位の人権を確保する裁判例を作ってきた。しかし、行政権の権力交代によりタカ派の裁判官を任官し90の人権確保する判例を出す裁判官を排除し、70位の人権確保する判例を出す裁判官に入れ替えてしまった。
この事だけでも行政権の違憲性が推定できるのであって、案の定、行政権の権力濫用が始まってしまった。
極めつけは、裁判官が、新井将敬議員に依頼して国民(槙さん)を殺害するという重大事態に直面した。


(ローマ法)
ローマ時代に成立した法律・規則で、近代ヨーロッパ諸国の法制の基礎をなすものである。


Books・CD・DVD・BD

購入する
ローマ法の歴史
Minerva21世紀ライブラリー 87
ウルリッヒ・マンテ 著 ミネルヴァ書房2008.10(ISBN:978-4-623-05240-0)
2,625円
(目次)
第1章 十二表法までの先史および原史時代
第2章 十二表法の新たな法
第3章 十二表法から共和政末まで
第4章 ローマ法の古典期
第5章 ユスティニアヌス帝までの古典期以後の展開
第6章 ユスティニアヌス帝法
第7章 ユスティニアヌス帝法のその後
ローマ法とヨーロッパ
Minerva21世紀ライブラリー 76
ピーター・スタイン 著 ミネルヴァ書房2003.3(ISBN: 978-4-623-03805-3)
2,940円
(目次)
第1章 古代ローマ法(12表法;解釈による法発展 ほか)
第2章 ユスティニアヌス法典の復活(西ヨーロッパにおけるローマ法とゲルマン法;教会と帝国 ほか)
第3章 ローマ法と国民国家(註解学派;人文主義の衝撃 ほか)
第4章 ローマ法と法典編纂(ローマ法と国民法;自然法の成熟 ほか)


※ローマ法がヨーロッパ法文化の発展に果たした役割。
ヨーロッパ法史におけるローマ法の発展過程を判例法や慣習法など、法生活の現実を常に意識した叙述により生き生きと描き出す。

ローマ法の原理
日本比較法研究所翻訳叢書 51
フリッツ・シュルツ 真田芳憲 訳 中央大学出版部2003.9(ISBN:978-4-8057-0352-6)
4,305円
(目次)
課題;制定法と法;分離;抽象;単純;伝統;国民;自由;権威;人間性;信義;安定性
法学提要
ガーイウス 著 敬文堂2002.9(ISBN:978-4-7670-0102-9)
5,775円
(目次・内容)
2世紀ローマの法学者ガーイウスの「法学提要」を解読する。
従来の慣例に従わず、
序論、
第1章人の法、
第2章物の法、
第3章訴訟の法、と配列。
1820年ヴェローナ写本発見以後のガーイウス「法学提要」刊本一覧も付す。
現代ローマ法体系 第1巻
サヴィニー 著 小橋一郎 訳 成文堂1993.12(ISBN:978-4-7923-0220-7)
9,450円
(目次)
第1編 現代ローマ法の法源(法源の一般的性質;現代ローマ法の法源;法律の解釈)
第2編 法律関係(法律関係の本質と種類)
現代ローマ法体系 第2巻
サヴィニー 著 小橋一郎 訳 成文堂1996.11(ISBN:978-4-7923-0251-1)
9,450円
(目次・内容)
私法解釈学の原点。
この巻は,権利能力論を内容とし,私法の基本原理について詳細な歴史的・理論的考察を展開するが,とくに法人に関する部分には,現在の法解釈になお再検討 を迫るものがある。
現代ローマ法体系 第3巻
サヴィニー 著 小橋一郎 訳 成文堂1998.12(ISBN:978-4-7923-0291-7)
9,450円
(目次・内容)
第2編 法律関係(法律関係の発生と消滅について(承継;自由な行為;意思表示;契約;錯誤と不知))

※本巻の本文は,「法律関係の発生と消滅の前半を論じ,行為能力,意思表示,条件,契約概念などを内容としている。また,本巻の3分の2を占める付録では,錯誤論が広範に取り扱われる。
現代ローマ法体系 第4巻
サヴィニー 著 小橋一郎 訳 成文堂2001.1(ISBN:978-4-7923-0323-5)
11,550円
(目次・内容)
第2編 法律関係(法律関係の発生と消滅について)
付録(単なる不作為による贈与;贈与の第三者への影響;時期の表示における序数)

※本編では、「第二編 法律関係」のうち「第三章 法律関係の発生と消滅について」の後半を内容とし、贈与、期間、法律事実の無効を扱う。
現代ローマ法体系 第5巻
サヴィニー 著 小橋一郎 訳 成文堂2003.8(ISBN:978-4-7923-0363-1)
11,550円
(目次)
第二編 法律関係(権利の侵害(訴権;訴権の種類。(In personam,in rem.;罰訴権。;Civiles,honor.Ordinariae,extraord.;formulaの構成要素。;Directae,utiles.Certa,incerta form.;In jus,in factum conceptae.;Judicia,arbitria.Stricti juris,bonae fidei. ほか) ほか))

※「第二編 法律関係」のうち、「第四章 権利の侵害」を内容とし、訴権の種類、抗弁、訴権の廃止(死亡、訴権の競合、消滅時効)を扱う。
現代ローマ法体系 第6巻
サヴィニー 著 小橋一郎 訳 成文堂2005.9(ISBN:978-4-7923-0394-5)
10,500円
(目次)
第四章 権利の侵害
§256 争点決定。序説。
§257 争点決定の本質。―I.ローマ法。
§258  争点決定の本質。―I.ローマ法。(つづき)
§259 争点決定の本質。―II.教会法と帝国法律。
§260 争点決定の効果。―序説。
§261 争点決定の効果。―I.有責判決自体が確保される。
§262 争点決定の効果。―I.有責判決自体が確保される(つづき)。
§263 争点決定の効果。―I.有責判決自体が確保される(つづき)。
§264 争点決定の効果。―II.有責判決の範囲。序説。
§265 争点決定の効果。―II.有責判決の範囲。―a)拡大。
§266 争点決定の効果。―II.有責判決の範囲。―a)拡大。(つづき)
§267 争点決定の効果。―II.有責判決の範囲。―a)拡大。(怠られた果実)
§268 争点決定の効果。―II.有責判決の範囲。―a)拡大。(訴訟利息)
§269 争点決定の効果。―II.有責判決の範囲。―a)拡大。(訴訟利息。つづき)
§270  争点決定の効果。―II.有責判決の範囲。―a)拡大。(訴訟利息。つづき)
§271 争点決定の効果。―II.有責判決の範囲。―a)拡大。(訴訟利息。つづき)
§272 争点決定の効果。―II.有責判決の範囲。―b)縮小。
§273 争点決定の効果。―II.有責判決の範囲。―b)縮小。(つづき)
§274 争点決定の効果。―II.有責判決の範囲。―b)縮小。(つづき)
§275 争点決定の効果。 ―II.有責判決の範囲。―b)縮小。(評価の時点)
§276 争点決定の効果。―II.有責判決の範囲。―b)縮小。(評価の時点。L.3  de cond. tritic.)
§277 争点決定の効果。―II.有責判決の範囲。―b)縮小。(価格変更)
§278 現代法における争点決定およびそれの結果の位置づけ。
§279 現代法における争点決定およびそれの結果の位置づけ。(つづき)
§280 判決の確定力。序説。
§281 判決の確定力。歴史。
§282 判決の確定力。歴史。(つづき)
§283 判決の確定力。歴史。(つづき)
§284 確定力。I.条件。A.形式的条件。
§285 確定力。I.条件。A.形式的条件。(つづき)
§286 確定力。I.条件。B.確定力の基礎としての判決の内容。―判決の種類。
§287 確定力。I.条件。B.確定力の基礎としての判決の内容。―被告の有責判決の場合。
§288 確定力。I.条件。B.確定力の基礎としての判決の内容。―被告の免訴判決の場合。
§289 確定力。I.条件。B.確定力の基礎としての判決の内容。―原告の有責判決はない。
§290 確定力。I.条件。B.確定力の基礎としての判決の内容。―原告の有責判決はない。(つづき)
§291 内容のもっと詳細な定め。理由の確定力。
§292 内容のもっと詳細な定め。理由の確定力。(つづき)
§293  内容のもっと詳細な定め。理由の確定力。著述家たち。
§294 内容のもっと詳細な定め。理由の確定力。プロイセン法。
§295 確定力。II.効果。序説。
§296 確定力の抗弁。条件。―概要。I.同じ法律問題。
§297 確定力の抗弁。I.同じ法律問題。
§298  確定力の抗弁。I.同じ法律問題。資格点。
§299 確定力の抗弁。I.同じ法律問題。訴えの外的および法的対象。
§300 確定力の抗弁。I.同じ法律問題。取得原因の相違。
§301 確定力の抗弁。条件。II.同じ人。

付録 XV. Appellatio と Provocatio.
付録 XVI. L.7 de exceptione rei judicatae.
付録 XVII.  Causa adjecta s. expressa.
現代ローマ法体系 第7巻
サヴィニー 著 小橋一郎 訳 成文堂2007.1(ISBN:978-4-7923-0412-6)
6,300円
現代ローマ法体系 第8巻
サヴィニー 著 小橋一郎 訳 成文堂2009.6(ISBN:978-4-7923-0464-5)
10,500円
(目次)
第3編 法律関係に対する法規の支配(法律関係に対する法規の支配の場所的境界(概要。;人の所属の理由としての血統とラント領域。;同じ国における相反する領邦法。;異なった国における相反する領邦法。;つづき。 ほか);法律関係に対する法規の支配の時間的境界(序説。;二とおりの法規。;A.権利の取得。―原則。;つづき。;A.権利の取得。―原則の適用。 ほか))
購入する



home

広告掲載のお申し込みは、こちら、
NAshop出店申し込みは、こちら、